WordPressテンプレート制作、ウェブデザイン技能検定に挑戦中

前の記事:ウェブデザイン技能検定1級 学科試験対策 平成27年過去問題解説
HOME
次の記事:RDFとRSS

ウェブデザイン技能検定2級試験結果

ウェブデザイン技能検定|資格試験

 

結果発表

 

合格証書

合格でした。左が昨年11月に受験した3級試験の合格証書。右が今年2月に受験した2級試験の合格証書となります。3級と2級試験の合格証書は同じ紙質でした(わりとペラペラです)。1級の合格証書はもうちょっと良い物になるようです。

 

勉強方法や受験レポートはウェブデザイン技能検定まとめページを設けて載せてあります。

 

ウェブデザイン技能検定まとめページ

 

自己採点では学科、実技共に合格ラインに達しているだろうと思いつつも、合格している確信は持てなかったので、合格証書が届いて一安心といった感じです。実際は1週間ほど前に公式ページで合格者発表があったので、その時に結果は分かっていましたが。

 

資格を取る意味は?

 

ウェブデザイン技能検定について検索を掛けると、「資格なんかより制作物を増やせ!」といった言葉がよく目に飛び込んで来ます。正論と言えば正論なのですが、私的には「資格取得に向けた勉強の過程で制作物を増やせばいい話では?」と考えます。

今使っているWordPressテンプレートは勉強の一環で作ったものですし、YouTubeに上げた検定試験の対策動画にしてもそうです。今後クライアントから制作物の提出を求められた時、場合によってはこれらを制作実績として提示する事もあるでしょう。

 

「資格なんて取る意味はない」という言葉もありました。

本当にそうでしょうか。ウェブデザイン技能検定は国家資格です。全く価値のない資格という声が上がれば、国がこの資格に価値を持たせようとするはずです。例えば、官公庁のWebサイト絡みの仕事を請けるにはウェブデザイン技能検定の上級資格が必要・・・といった具合に。実際そのようになっているという話も聞きます。

資格を仕事に繋げられるかというのは、結局は自分の努力次第だとは思いますが。

 

資格を取る過程にしても、資格を取った後にしても、大事なのは自分がどう動くかだと思います。自分がこの資格を必要だと感じたら、他の意見に流されず真っ直ぐ合格を目指しましょう。

 

0件のコメント

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ