WordPressテンプレート制作、ウェブデザイン技能検定に挑戦中

前の記事:Google AdSenseのインフィード広告が利用可能に、記事と記事の間に広告を表示する方法
HOME
次の記事:リセットCSSとノーマライズCSSについて

ローカル環境でWordPressを扱う方法、Instant WordPressの導入

WordPress

 

ローカル環境でWordPressを扱えるようにしておくとテーマ編集が格段に楽になります。※Web上でWordPressのオリジナルテーマを作成する場合、サーバとドメイン、それとテーマ編集用のWordPressを用意して、ファイルをサーバにアップロードする際は逐一転送ソフトを立ち上げなければいけません。

なお、ローカル環境とはネットに繋がっていない状態の事を言うので、ローカル環境でWordPressを扱えるようにしても、当然それだけではブログの一般公開は出来ません。WordPressがどんなものか試しに触れてみたい方が導入するのもありかと思いますが、今から挙げるものは基本的に開発者に向けて提供されているサービスです。

 

 

Instant WordPress

 

Instant WordPress

ローカル環境でWordPressを扱う方法として、現状このInstant WordPressを導入するのが一番楽な方法かと思います。ダウンロードに少し時間は掛かりますが、自分で設定する部分はほとんどなく、導入後すぐに利用出来ます。私は現在このアプリケーションを使ってWordPressのオリジナルテーマを作成しています。

 

導入方法

Instant WordPressより、Download Nowからダウンロードページへ進み、Download instant WordPress X.X(新しいバージョン情報が表示されています)をクリックしてインストーラをダウンロード。ダウンロードしたインストーラを起動するとInstant WordPressのインストールが始まります。

 

起動画面

導入自体はこれで終了です。

 

 

WordPressログイン画面でのIDとパスワード

ログインID: user
パスワード: password

WordPress AdminよりWordPressログイン画面に進みます。そして上記のID・パスワードを入力するとダッシュボードに移動出来ます。実運用でこのようなパスワードを設定するのはNGですが、ローカル環境での利用なので、複数人で一つのPCを使うような場合以外はこのままでも問題ありません。

あとはネット上でWordPressを扱うのと同じように、記事を書いたり、テーマ編集を行う事が出来ます。ネットに繋がっていれば最新版のWordPressにアップデートする事も可能でした。

 

MySQL(phpMyAdmin)のログインID

ログインID: root
パスワード: (入力無し)

MySQL Adminからログイン画面に進み、上記IDを入力します。初期設定ではパスワードは設定されていません。

 

 

プレビューブラウザの変更

ローカル環境といえどプレビューはブラウザを通して行われます。初期設定だとIEが起動しましたが、これをGoogle Chromeにしたかったので、この部分だけを設定変更しました。

InstantWp_X.X → iwpserver → pms_config.iniファイルを展開

 

設定ファイル展開図

設定ファイルの中身もとてもシンプルで見易くなっています。

 

変更前: BrowserPath= ../system/InstantWP_GUI.exe
変更後: BrowserPath= 起動させたいブラウザの実行ファイルのパス

上記のように書き換えれば設定変更完了となります。

 

 

他の方法として

 

仮想マシン(※)を導入し、そこにサーバ運用に適したOSをインストール。サーバコンピュータを仮想的に作り出し、そこでWordPressを扱う方法があります。こちらはInstant WordPressと違い、ローカル環境を構築するのに知識とそれなりのマシンスペックが必要になります。いい勉強にはなりますが、初心者が軽い気持ちで手を出すと苦労する事になると思います(体験談)。

※イメージとして、PCの中に新たにPCを生成するようなシステムです

 

あとはメジャーなPHP開発環境、XAMPPを導入し、そこでWordPressを扱うというやり方もあります。Instant WordPress登場以前はこちらの方法が取られる事が多かったと思いますが、WordPressに関する開発を行うだけならInstant WordPressの利用を推奨します。

 


 

※ファイルアップロードに関して少し調べたので追記です。

 

Instant WordPressにおけるファイルアップロード

 

ファイルアップロード

InstantWP_X.X → iwpserver → htdocs → wordpress → wp-content → themes → 現在利用中のテーマフォルダの中に画像ファイルなどを格納します。

※実際に運用しているWordPressから画像をコピーする場合は、テーマフォルダ内のimagesフォルダへ。

 

管理画面

Instant WordPressの管理画面からThemes Folderを選択する事で、テーマフォルダをショートカット展開出来ます。

 

ローカル環境でWordPressを扱う方法、Instant WordPressの導入

0件のコメント

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ