WordPressテンプレート制作、ウェブデザイン技能検定に挑戦中

前の記事:ウェブデザイン技能検定2級、FOM出版のテキスト+アプリで計12回分の過去問題を補充
HOME
次の記事:ウェブデザイン技能検定2級学科試験対策、過去問題(平成24年分)解説その2

ウェブデザイン技能検定2級学科試験対策、過去問題(平成24年分)解説その1

ウェブデザイン技能検定|資格試験

 

前回の更新から少し間が空きましたが変わりありません。動画制作などをしていました。試験日まで1ヶ月を切っているので、またこちらのブログに力を入れていきたいと思います。

更新停止中も過去問題にはちょくちょく手を付けていたのですが、どの回でも過去問題の使い回しが顕著に見られました。平成24年から昨年(平成28年)までの過去問題を辿る形で勉強した所、途中から安定して合格ラインを越える点数と取れるようになりました。

とはいえ、試験日まで覚えていなければしょうがないので、年代別に過去問題をいくつかピックアップして備忘録としてまとめます。

実際に試験問題に臨むと分かりますが、常識で考えれば分かりそうな問題がそれなりに出題されます。前述した通り過去問題の使い回しも多いです。この過去問題まとめ記事はそういった問題を省いてピックアップしているので、解けない問題が多くても萎縮する事はありません。

また、平成24年試験だとFlash関連の問題が出題されているのですが、今現在、主要ブラウザが軒並みFlashプレイヤーサポート廃止の方向に進んでいるので、検定の試験問題からも消えていくものと思われます。代わりとして最近では、いわゆるHTML5プレイヤーに使われるvideo要素やaudio要素に関連する問題が出題されます。そういった背景もあり、この過去問題まとめ記事ではFlash関連の問題も採り上げていません。

 

 

第1問(H24第2回試験より)

PCIデータセキュリティ基準では、FTPを利用する場合はその理由と対策を文書化しなければならない。

正しい

PCIデータセキュリティ基準(スタンダード)… Payment Card Industry Data Security Standard

クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。

参考リンク(PDFファイル): PCIデータセキュリティ基準

FTPは暗号化通信ではありません。PCIデータセキュリティ基準には、安全でないプロトコルを使用する場合、そのプロトコルの使用によってもたらされるリスクが明確に理解および承認され、プロトコルの使用が正当化され、そのプロトコルを安全に使用出来るようにするセキュリティ機能が文書化されて実装されている必要があります、とガイダンスに記載されています。

FTPの他に安全でないプロトコルの例として、Telnet、POP3、IMAPなどがあります。

 

第2問(H24第2回試験より)

HTMLの物理要素を用いた表現は、論理要素とCSSを用いて代用できる。

正しい

物理要素とは見た目に変更を加えるだけの要素です。物理要素のタグで囲まれた内容は、マークアップされていない他の文書と同じく、機械から見て意味のない内容となります。HTML5で廃止された<big>要素(文字を大きく表示)などは物理要素です。

逆に、論理要素のタグで囲まれた内容は機械的に意味を持つ文書となります。例えば、<h1>要素で囲まれた内容は文字サイズが大きくなりますが(CSSで調整可能)、それと同時にタグで囲まれた内容は「セクションの見出し」という意味を持つようになります。

 

第3問(H24第2回試験より)

作者より著作権の譲渡を受けているイラストに関しては、作者の了承を得ずにイラストそのものを自由に修正しても法的問題は一切生じない。

正しくない

著作権の権利には、財産的利益を確保する「著作権(財産権)」と、人格的利益を保護する「著作人格権」の2つがあります。

「著作者人格権」は譲渡できないものとされており、著作物の改変、変更、切り取りなどを認めない権利が含まれています。

FOM出版、ウェブデザイン技能検定2級過去問題集解説より

著作物を改変出来るのは原則的に著作者だけです。

 

第4問(H24第2回試験より)

クラスAのプライベートIPアドレスはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. 10.0.0.1
  2. 169.254.0.1
  3. 172.16.0.1
  4. 192.168.0.1

1

IPアドレスには同じ建物内(ローカルエリア)で使用するプライベートIPアドレスと、広域のネットワークで使用するグローバルIPアドレスがあります。

プライベートIPアドレスは、ある決められた範囲の中であれば、自分で設定する事が出来ます。自分で設定せずにインターネットを利用している場合、DHCPによってIPアドレスが自動的に割り振られています。

  • クラスA 10.0.0.0 ~ 10.255.255.255(ネットワーク部8bit、ホスト部24bit)
  • クラスB 172.16.0.0 ~ 172.31.255.255(ネットワーク部16bit、ホスト部16bit)
  • クラスC 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255(ネットワーク部24bit、ホスト部8bit)

IPアドレスにはネットワーク部とホスト部があります。先ほど書いた、プライベートIPアドレスを自分で設定する場合の「ある限られた範囲」とはホスト部の事です。ローカルエリアといえどIPアドレスの重複があってはいけません。つまり、プライベートIPアドレスを自分で設定出来る範囲=そのローカルエリアにおける最大接続数となります。

クラスCで言えば上から24ビット(3つ目のドット迄)がネットワーク部となります。ホスト部が8ビットなので最大接続数は256から2を引いた254となります(ネットワーク部、ホスト部はそれぞれ2進数にした時、全て1、または全て0になる値を指定出来ません)。

クラスCの接続数に納まらないようであればクラスBを使用、さらに大規模なローカルエリアネットワークであればクラスAを使用といった感じです。

 

第5問(H24第2回試験より)

Apacheの設定において、DocumentRootの外にあるディレクトリにコンテンツを配置し公開する場合に使用する設定はどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. Index
  2. Alias
  3. MultiViews
  4. Options

2

セキュリティの観点から、本来コンテンツを置くべき場所とは全く異なる場所にコンテンツを置き、それを読み込ませる設定・・・という独自解釈です。

参考書にはDocumentRootに指定されているディレクトリ以外にコンテンツを配置して公開するには、そのディレクトリを認識させるためにAliasの設定が必要ですとしか書いてありませんでした。

選択肢1、少し文字を加えてDirectoryIndexという設定があります。例えば、example.com/の省略アドレスにアクセスがあった際、自動的にexample.com/index.htmlが表示されますが、これはDirectoryIndexの設定によるものです。

選択肢3、MultiViewsはアクセスされた時メタデータを元に最適なファイルを表示させる設定です。例えばアクセスしてきた端末が日本語設定されていたら日本語ページを表示、英語設定されていたら英語ページを表示といった具合です。

選択4、OptionsはApacheのオプション機能の内、どれを有効にするかを指定するものです。

 

第6問(H24第2回試験より)

次の記述のうち、間違っているものはどれか。以下より1つ選択しなさい。

  1. POPは、メールを配送するためのプロトコルである。
  2. SMTPでは、TCPのポート番号は一般的に25番が利用される。
  3. IMAPを使用して電子メールを読む場合、サーバ上の電子メールのすべてをダウンロードする必要はない。
  4. 電子メールで様々なフォーマットを扱う企画として、MIMEがある。

1

SMTPはメールを送信するプロトコルで、POP、IMAPはメールを受け取るプロトコルです。POPはサーバから端末にメールをダウンロードします。IMAPはメールを端末にダウンロードせず、サーバ上でメールを管理します。

ちなみにPOP(POP3)のポート番号は110番、IMAP(IMAP4)のポート番号は143番となります。

 

第7問(H24第2回試験より)

JSONの記述として正しいものはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. {“name”:”山田太郎”,”age”:25}
  2. {name:”山田太郎”,age:25}
  3. {“name”:”山田太郎”:”age”:25}
  4. {name:”山田太郎”;age:25}

1

JSON{“キー”:”値”}の形で記述します。値が数字の場合はダブルクォーテーションは要りません。複数のデータを記述する場合はカンマで区切って記述します。値に配列を入れたい場合は、配列内容を[]で括ります。

値を配列にする例) {“キー”:[“値1″,”値2”]}

値を連想配列にする例) {“キー”:[{“値inキー1″,”値in値1”},{“値inキー2″,”値in値2”}]}

 

第8問(H24第2回試験より)

Ajaxアプリケーションで非同期通信を行うために生成されるオブジェクトはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. XMLHttpRequest
  2. HttpXMLRequest
  3. HttpXMLConnection
  4. XMLHttpConnection

1

同じ選択肢でよく出題されている印象です。XMLHttpRequestを形で覚えるしかないと思います。

Ajax… Asynchronous(非同期) JavaScript+CSS+DOM+XMLHttpRequest

例えば、Googleの検索ボックスにキーワードを入力すると、検索候補がリストでパッと表示されます(サジェスト機能)。ああいったサーバに処理のリクエストを送る事なく動作するWebページがAjaxです。JavaScriptでXMLHttpRequestオブジェクトを生成する事で実現出来ます。

 

第9問(H24第2回試験より)

次のURIにおいて、ローカルファイルを示すものはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. file:/path/to/aa.html
  2. file://path/to/aa.html
  3. file:///path/to/aa.html
  4. file:////path/to/aa.html

3

ローカルファイルとは自分の使用している端末の中に置いてあるファイルの事です。ローカルファイルはブラウザからアクセスする事も出来ます。

ローカルファイルをブラウザで表示

試しにFirefoxのアドレスバーにローカルファイルをドラッグ&ドロップすると、パスと画像が表示されました。

file:///E:/rarecard/img/j006.jpg

スラッシュが3つ並んでいる理由ですが、自分の端末を表すホスト名:localhost(IPアドレスだと127.0.0.1)が省略されてこのようになっているようです。つまり、上に挙げたパスで言えば・・・

file://localhost/E:/rarecard/img/j006.jpg

これでもアクセス出来ます。無論、これは私のパソコンの中にあるファイルに私がアクセスした一例であり、皆さんが上記のパスをブラウザのアドレスバーに入力しても画像は表示されません。

 

第10問(H24第2回試験より)

JavaScriptにおいて、10pxという文字列から10という数値を取り出す関数はどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. parseint(“10px”)
  2. Intparse(“10px”)
  3. parseInt(“10px”)
  4. intparse(“10px”)

3

 

第11問(H24第2回試験より)

セキュリティに関する説明として正しいものはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. コンピュータウイルスの感染は電子メールのみでする。
  2. ファイアウォールの方法のひとつに、パケットフィルタリングがある。
  3. アプリケーション層の暗号化技術にIPsecがある。
  4. IPsecを構築するときに一般的に利用されているのがVPNである。

2

IPsecは、IPのパケットを暗号化して送受信するネットワーク層のプロトコルです。

選択肢4が曲者ですね。VPNを構築するときに一般的に利用されているのがIPsecです。

 

第12問(H24第2回試験より)

次の文章の A にあてはまる語句として最も適切なものを、以下より1つ選択しなさい。

ISO 9241-11におけるユーザビリティの定義は、「特定の A において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い」である。
  1. 使用方法
  2. 使用目的
  3. 利用品質
  4. 利用状況

4

ユーザビリティの定義が虫食い形式で出題されているのも何度か見ました。似たような選択肢が並ぶと意外と分からなくなるもので、「特定の利用状況」、「特定のユーザ」、「指定された目標」、「有効さ」、「効率」、「ユーザの満足度の度合い」と断片的に言葉を頭に入れておいた方がいいと思います。

 

第13問(H24第3回試験より)

WaSPとは、Web accessibility Standard Project の略称である。

正しくない

WaSP… The Web Standards Project

WaSPはW3Cが勧告しているウェブ標準の利用を推進する団体の名称です。WaSPがどういった活動をしている団体か分かっても、正式名称がしっかり頭に入っていないとこの問い掛けでは間違ってしまいそうです。

 

第14問(H24第3回試験より)

RESTfulなサイトでは、空き時間にサーバを休止させる。

正しくない

REST… REpresentational State Transfer

RESTとは、アドレス(URL)とHTTPのメソッド(GET、POST、PUT、DELETEなど)を組み合わせて、サーバ上のデータを操作する仕組みです。RESTの原則に従ったサイトをRESTfulなサイトと言います。

・・・と言われてもよく分からないのですが、何かしらのリクエストを送ってサーバからデータを受け取る仕組みの一つだと思います。

 

第15問(H24第3回試験より)

WindowsやUnixなどのOSにおいて、IPアドレスとホスト名の対応を記述し、名前解決を行うシステムファイルの名称を何というか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. address
  2. hosts
  3. servers
  4. nsswitch

2

IPアドレスとドメイン名の対応を記述し、名前解決を行うのはDNSの役目なのではないか?と思ったのですが、hostsファイルを編集する事でIPアドレスとドメイン名の関連付けが手動で行えるそうです。

DNSでIPアドレスとドメイン名の対応を定義するレコード(登録情報)がA(Address)です。

nsswitch.confファイルはLinuxの名前解決システムファイルです(旧式ではhost.conf)。

選択肢3は検索しても関連性のありそうなシステムが見つかりませんでした。

 

第16問(H24第3回試験より)

エラスティックレイアウトの説明として適切なものを、以下より1つ選択しなさい。

  1. フォントサイズに合わせてレイアウト幅も変更される。
  2. 文字数に合わせて画面幅も変更される。
  3. 画像に合わせて背景も変更される。
  4. フォントカラーに合わせて背景も変更される。

1

親要素のフォントサイズを基準にした相対的単位にemがあります(ルート要素のフォントサイズを基準にしたものはrem)。

エラスティックレイアウトではレイアウト幅をem単位で指定します。

 

第17問(H24第3回試験より)

JPEGで利用されるDCTとは何の略称か。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. Discrete Cosine Transform
  2. Discrete Cosine Trade
  3. Data Cosine Transform
  4. Data Cosine Trade

1

Discrete Cosine Transform… 離散コサイン変換

JPEG形式の圧縮方法の一つです。

 

第18問(H24第3回試験より)

RGBカラーモデルによる色の再現方法として適切なものを、以下より1つ選択しなさい。

  1. 加法混色
  2. 減法混色
  3. 加算混色
  4. 減算混色

1

RGBは加法混色。RGBの色を混ぜ合わせるほど白に近付きます。

CMYは減法混色。CMYの色を混ぜ合わせるほど黒に近付きます。

※CMY = Cyan Magenta Yellow

自分の勝手なイメージですが、闇(黒)をスタート地点、光(白)をゴール地点と考えると、「加法」、「減法」の呼び方が覚え易いと思います。

 

第19問(H24第3回試験より)

次の記述中の AB に当てはまる語句の組み合わせとして最も適切なものを、以下より1つ選択しなさい。

動画などのストリーミング配信を行う場合は A を用いた方が効率は良いが、擬似ストリーミング配信の場合は B が用いられることが多い。
  1. A:TCP B:UDP
  2. A:UDP B:TCP
  3. A:FTP B:HTTP
  4. A:HTTP B:FTP

2

イメージとしてUDPは、相手と正確に通信出来るかを確認しないでとにかくデータを送り付けるプロトコルです。

逆にTCPは相手に情報が伝わるかを確認しながら通信するため、速度は劣るものの正確な通信が出来ます。

生放送などのストリーミング配信はデータを読み込みつつメディアファイルの再生を行います(速度優先)。

Youtubeなどの擬似ストリーミング配信は、一定のデータをユーザーがダウンロードしてからメディアファイルを再生します。一定のデータをダウンロード→再生を小分けに行う事で、ストリーミング配信のように再生出来る事から擬似ストリーミング配信と呼ばれます(プログレッシブダウンロード再生とも言います)。

 

第20問(H24第3回試験より)

URIでメールアドレスを示すものはどれか。適切なものを以下より1つ選択しなさい。

  1. mailto:foo@example.com
  2. mailto://foo@example.com
  3. smtp:foo@example.com
  4. smtp://foo@example.com

1

 

過去問題(平成24年分)解説その2

 

ウェブデザイン技能検定2級学科試験対策、過去問題(平成24年分)解説その1

0件のコメント

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ