WordPressテンプレート制作、ウェブデザイン技能検定に挑戦中

前の記事:WebサイトのSSL化(HTTPS化)について
HOME
次の記事:ハンバーガーボタン、アコーディオンメニューを実装

サイトマップをGoogle Search Consoleに登録【WordPress編】

WordPress

 

「サイトマップとは、ユーザーに対してサイトのどこにどのようなページが設置されているかを一覧で伝えるページの事です。」

・・・という認識だったのですが、検索をかけてみると「サイトマップとは検索エンジンにサイト内のページをもれなく通知するファイル」という検索結果が返ってきて少し混乱しました。

どちらも間違いではなく、HTMLサイトマップは前者、XMLサイトマップは後者の意味を持ち、ファイル形式によって意味合いが変わるとの事でした。

参考リンク: サイトマップのSEO効果と理想的な作成方法

 

今回はこのブログのXMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録してみます。Google Search Consoleとは、Googleが提供するサービスの一つで、登録したサイトのパフォーマンスを監視、管理する事が出来ます。XMLサイトマップの登録もGoogle Search Consoleから行えます。

 

まずはXMLサイトマップの作成です。意外な事にGoogleのサービスにサイトマップを作成する機能はありません(2016年12月現在)。手動で作成するか、XMLサイトマップ生成ツールを利用します。WordPressであればプラグインを利用してもいいでしょう。

 

プラグインGoogle XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

 

このブログのXMLサイトマップはGoogle XML sitemapsで作成しました。WordPressの管理画面から、プラグイン→新規追加→Google XML Sitemaps検索で見つかります。

プラグインを有効化し、設定→XML-Sitemapから各種設定が行えます。クローラに読み取らせたくない記事等なければデフォルト設定のままでも問題ないでしょう。私が変更したのは【投稿の優先順位】の項で、「コメント数」のチェックを「優先順位を自動的に計算しない」に移したくらいです。

 

Google XML sitemaps設定

デフォルトでチェックが入っていたと思いますが、基本的な設定の上から3項目にチェックが入っている事を確認します。robots.txtファイルというのは検索エンジンのクローラに伝える情報を記したものです。自分でrobots.txtファイルを作成してサーバにアップロードしている場合は3番目のチェックは外します。

基本設定を確認し終えたら、記事を書くか、トップ項目に記されているyour sitemapのリンクをクリックする事でサイトマップが作成されます。

 

XMLサイトマップ完成

サイトマップがGoogleとBingの検索エンジンに正しく通知された模様です。より正確にサイトマップを検索エンジンに認識させるには、各ウェブマスターツールにサイトマップのURLを登録する必要があります(独自解釈)。

Googleのウェブマスターツールは機能を拡張した際にGoogle Search Consoleという名称に変わりました。

Google Search Console

 

 

Google Search ConsoleにサイトマップのURLを登録する前に、サイト自体の登録設定を行う必要があります。

 

サイト所有権の確認

推奨設定でサイト所有権を主張します。※書いてある事がよく分からなければ別の方法を選択する事も出来ます。

 

サイト所有権確認作業

HTMLファイルをアップロードの1-3工程を終えてから確認ボタンを押します。3のブラウザチェックでは、アクセスした先には1行の文しか表示されていないと思いますが、そのページが表示されれば正しく作業出来ている事になります。

サイトの登録を終えるとホーム画面に先ほど登録したサイトが表示されます(サイト所有権の確認後、少し時間をおいてからアクセスする必要があるかもしれません)。ホーム画面でサイトURLをクリックすると、そのサイトの設定画面に遷移します。

 

 

サイトマップURL入力

クロールの項からサイトマップを選択し、サイトマップURLの登録を行います(図は既にサイトマップ登録を済ませた画面のスクリーンショットです、サイトマップ登録前はグラフ表示はありません)。

 

以上でGoogle Search Consoleにサイトマップを登録する作業は終了です。新規ドメインで非リンクもほとんどないこのようなサイトだと、クローラの巡回頻度が少ないのであまり効果のほどは見られないかもしれません。

 

Bingのウェブマスターツールへのサイトマップ登録も同様に行いました。Google Search Consoleのサイトマップ登録と同じ要領でいけます。GoogleもBingも、一度クローラがサイトマップを読み取るまでは状態が保留中となります。

Bing ウェブマスターツール

 

余談ですが、ウェブデザイン技能検定1級のペーパー実技で「サイトマップを作成せよ」という問題を見かけたので、サイトを新たに制作する際はツールに頼らず自力で作ってみようと思います。

 

|||

サイトマップをGoogle Search Consoleに登録【WordPress編】

0件のコメント

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ